新規販売設備のご案内

10月より、弊社にて販売する検査設備のバリエーションを増やしました。

 

(新規販売設備ご紹介)

 1、メタルマスク自動検査装置 (CENTURIA)

・ステンシルマスクの状態により発生する印刷品質の不具合要因を

元から防げる検査装置

・メタルマスク製作時の受入検査、メタルマスク洗浄後の清掃状態検査、

マスクテンション問題での不良ゼロ化など

 

2、X線高速チップカウンター (HAWKEY6000D)

・180mm380mmのリール部品をボタン1つで置くだけ高速検査

・検出率 99.9%以上

・カウント結果をSMD管理サーバーに直接伝送するか、

ラベル印刷しONLINE/OFFLINEの両方で資材管理等が可能

 

3、インラインX線検査装置 (HAWKEYE9000 AXI)

・ワーク投入から検査、不良品選別まで自動化

・0402チップ、ICBGA、シールド缶、ダイオードなどの欠陥

(はんだ不足、オープン、はんだ無し、短絡、浮き、ズレ、クラック等)検査

 

詳細につきましてはお問合せ願います。(担当:和田)