新型3D外観検査装置の販売開始しました。

低価格バージョンの新型3D外観検査装置「ESV-7000」の販売を開始ました。

バッチタイプですが、カメラユニットがX,Z方向、テーブルがY方向に可動します。

 

主な特徴は、

2台のカメラを搭載

上カメラ+360°回転の斜めカメラの2台を搭載し、上からだけでなく斜め

360°の多角度からの自動判定が可能です。

 

Z軸最大40㎜可動

背の高い部品面の検査精度を上げるために、カメラユニットが最大40㎜まで上昇します。

 

 ③ローアングル照明により見えにくい文字が鮮明に

本装置は、同軸照明+ローアングル照明2種類を搭載し、特にローアングル照明は

見えにくいレーザー刻印の文字等を鮮明に映し出します。

 

 ④部品高さクリアランス最大70

本装置は、基板厚を含め最大70㎜までの高さクリアランスを保持しており、

手挿入部品やリード部品といった後工程の部品を実装した状態でも検査

が可能です。

 

 ⑤基板サイズ

本装置は、Mサイズ基板ですが、最大350×300㎜までのサイズまで検査

が可能です。

*XLタイプ(基板サイズ:650mmX560mm)対応モデルも御座います。

 

価格含めた詳細につきましてはお問い合わせ下さい。(担当:和田)